ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

【名前】ムラーノ
【性別】男
【学年】中学3年
【ランク】D
【性格】自由人で、誰にでもフレンドリーに接する。小物を集めることが好き。ですます口調。
【容姿】普段の身長は137cm。身体を保護するために厚めの生地を使ったコートとズボンを着用しており、帽子と革製の手袋をしている。顔の部分は人間と大差ないように細工されており、髪は鮮やかな白色に染められている。靴は走らなくても良いようにローラーが飛び出る細工が施されている。
【能力】《ヴェトロ・フリーチェ》 手で触れたガラス製の物を自由に変形、使役化することができる。使役化できる個数は最大3つまでだが、ランクが上がるにつれ最大数が1ずつ上昇していく。代償(?)として、ムラーノ自身もガラス細工になってしまっており凄く脆く、過剰な熱が加わると原型を保てなくなり溶けてしまう。赤く熱変形しない特殊な性質の「ガラスのハート」が体内に存在しており、それが破壊されると死んでしまう。
【所持品】 予備のガラス
【委員会】 無所属
【部活】 手芸部
【備考】 元々ガラス細工が好きだったが目が覚めたら自分がガラス細工になっていた、という奇妙な現象が起こった人物。学園に入った目的は自分の能力を活かして何か出来ないかと考えたためでもあり、自分の脆い身体をミュータントから守るためでもある。良く空き教室を使ってガラス細工やその他小物を製作している姿が見受けられる。
【SV】 「事実は小説よりも奇なりって良く言うけれど、まさか自分がガラス細工になるとは…」「ガラス細工はいかがですか?お望み通りの物を5秒で作ってあげるますよ。どんなものがいいですか?白鳥さん?お魚さん?それとも…」「僕は脆いから…あなたの戦いっぷりを応援する係になりますね!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます