ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

「そんな隠れんぼしたって、私には"見えてる"し"聞こえてる"よ。」


【名前】
佐倉 仁華

【性別】


【学年】
高校1年

【ランク】
B(上位を狙う気がないため、能力に反して低いランクとなっている)

【性格】
一言で言えば機械のような少女。
淡々と喋り、事実を第一に考えている。
真面目、静か、正確、クール、無表情。
ただし、顔の変化は少ないが、感情的でないわけではなく、仲のいい人が見ると喜怒哀楽がなんとなく分かるらしい。

【容姿】
https://lohas.nicoseiga.jp/thumb/5164378i?
白い髪、赤い瞳、猫耳パーカー、黒のミニスカ、タイツ、作り物に見えない尻尾

【能力】
"五感操作"
自分とそれ以外の人の五感を操作する能力。
範囲は半径10m、近ければ近いほど能力が強く効き、接触している状態だと最大のパワーを出すことができる。
対象は自分と生物(機械はこの中に含まれないが、特例として感情を持つアンドロイド、又は人形は能力操作できる)

【所持品】
大量の鍼(本人曰く医療用)、スマホ、部屋の鍵、財布、小さな拳銃

【委員会】
風紀委員会

【部活】
パソコン部

【備考】
好き→ショートケーキと音楽
嫌い→苦いものと静かすぎること

【イメソン】
https://youtu.be/YRLVzP4ud_4 →名前のない怪物
https://youtu.be/R2cmKddg01k →Untitled2

【イメカラ】
白、黒

【sv】
「私は..佐倉、仁華。覚えても覚えなくてもいいよ。」
「8時2分。先輩、2分の遅刻です。....え?見逃してくれ?...すいません、規則ですので、アウトはアウトです。」
「...五時の方向...拳銃2丁とショットガン一丁...。ッ、来ます!先輩、伏せてくださいッ」
「案外、私はあなたを嫌ってないのかもしれません..」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます