ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

【名前】大月 美穂(オオツキ ミホ)
【性別】女
【学年】中1
【ランク】C
【性格】おっとりしつつもその時に合わせた行動をするので、その手で困ることは少なめ。方言を使い優しく話すのでお姉さんタイプ? しれっと物騒な言い回しをしたり、語尾を伸ばすのが好き。ドS
【容姿】素の赤毛でワンレングスボブヘアー、目付きは普通で黒と紅のオッドアイ。普段紅い方(右)を閉じて片目状態で過ごしている。服装はよくある巫女服で、これといった特徴も変化もない。身長160cm
【能力】神降ろし:閉じている右目を開放して一時的に神を宿し、その力を借りる事が出来る(火の神、水の神…など)。この降ろし時の姿は成長した未来の姿となる。 欠点は一度宿すと別の神を降ろせない、巫女とはいえ相当な体力と霊力を消費する為限界の数ターンを超えると降ろしが無くなり、元の力の1/2となる(一日経てば回復する)
【所持品】お払い棒、霊力が込められた札と式神(火属性の妖狐)札、扇子
【委員会】不明
【部活】陸上部
【備考】ある大きな神社の跡取りで素質があり比較的優秀な子、巫女という事に誇りが有る。今でもある意味チート能力の更なる高みへ目指すためこの学園に入学した。 優しさと裏腹に笑顔でアレな事を言う時も。でも基本的にはいい子です、はい。あと式神の狐は時々肩へダルそうに乗っかってたり。 能力に関してはその数ターン耐えれば相手さんの勝ちが確定しますが、大抵こちらが勝つようにすることが有りませんので大丈夫です(こいつ本当に中学生かよとかいうツッコミは無しで☆)
【SV】『うち、大月っていいますー。よろしゅうねー』『ふぅん、そんなにぶちころがされたいん?』『そうトゲトゲせんでもー、うちはそげな敵じゃあらへんしー、なー?』『ふふっ、ええ度胸しとりますやん?うちにケンカふっかけるなんて…こう見えて殴るんも得意なんよー?』『えー?うちが中学生に見えんってー? それは憑かれてるからよー(クスクス』

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます