ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

【名前】 斑 紀澪(まだら きれい)
【性別】 男
【学年】 高1
【年齢】 16
【ランク】 B
【性格】 一人称:俺。二人称:テメェ、ゴミ、汚れ、呼び捨て(認めたら)。口が悪く潔癖症でもあり、汚れていると認識した人物に触られると蕁麻疹が出るのでぶちギレる。ルールや規則を嫌い、壊したくなる衝動に出るなど反社会要素が主むろとなっている。しかし、気に入った人間や筋が通った論に冠して耳を傾け、同意すれば協力を厭わない。自分より弱い存在に対しては不器用だが優しく接する努力はする。でも、汚れていたら怒る
【容姿】 169センチ。チョコレート色で前髪を赤のヘアピンで止めてアホっ毛が1本ある髪。光がなく気だるそうなイメージを与えるすみれ色の若干つり目。薄らとクマが出来ており、全体的に白く細いが筋肉質。度がない黒縁メガネをかけ、鼻から下をペストマスクで隠し、耳には赤いピアスをつけている。藍色の上着に、赤のネクタイが特徴のブレザー服第二ボタンまで開け、気崩している。手には黒いゴム手袋を身につけ、胸ポケットにウサギと月が彫られた銀の懐中時計。腰に苗刀をつけており、赤い星が特徴の黒のスニーカーを履いている。なお、手には掃除用のモップ。
【能力】 汚染世界《触れたゴミや汚れを消す能力。例えどんなにでかいゴミだろうと、深く残ったシミだろうときれいさっぱりと消してしまう。ゴム手袋や掃除道具越しでもOK。ゴミまたは汚れ認識されたモノは消える(生物は消えないが、遺体ならば消せる)》
【所持品】 掃除道具、予定が書かれた手帳、苗刀×2など
【委員会】 美化委員会 (美化委員長)
【部活】 音楽部
【備考】 汚れた空気も吸いたくないからマスクを身につけている。能力のお陰で彼の側に行くと空気が済んでおり、森の中にいる気分になるだろう。見た目と反して繊細な精神ゆえ、日頃のストレスから軽度の不眠症に陥っている。 学校では美化委員会に入っており、学校に落ちているゴミや汚れをモップを持ち能力で綺麗に保っている。目の前で捨てた人には真顔でモップを押し付け、ゴシゴシと拭く。 魔物退治では汚れるのを毛嫌い極力自分が戦わなくて済むように動くことを優先。そして、最も嫌いな汚れは血痕である。

ゼロというあだ名で音楽部に入る。担当はピアノ。活動の際は黒ガスマスク+白手袋+きっちり着たスーツを身に纏い、スケッチブックで話す。部長以外には正体を教えていない。
【SV】 「へいへい、流石センコーすわ。歳だけはとっているだけある。偉そうにガミガミガミガミ説教垂れて、やれ服装が乱れている。やれ言葉遣いがなってない。聴いてて反吐が出ちまいそうだぜ。……で?ここでポイ捨てする意味がどこにあるんだゴミがぁぁぁぁぁあ!!」 「触ってくんじゃねぇよ。テメェみたいな汚れに触られたと考えるだけで蕁麻疹出るじゃねぇか。クソ、かゆい。消してやりてー」 「世界は汚れちまってよー、イライラするよな。魔物とかいうゴミを掃除する為に、俺らがいるらしいが。俺は汚れたくないからテメェらに任せるぞ」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます