ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

【名前】 腹実 万福(はらみ まんぷく)
【性別】 女
【年齢】 14
【学年】 中3
【ランク】 C
【性格】 一人称:ウチ。二人称:アンタ、○○ちゃん(くん)。ウチら、アンタら。明るく元気をモットーにしている。更に好奇心旺盛で何かしらチャレンジをしている。食に対してうるさく、お残しをしようとすると説教をするが、無理やり食べさせることはせず自分が食べる。自分が作った料理を我が子のように思っており、「可愛い」や「かっこいい」と言いながら食べる姿は変人。
【容姿】 149センチ。桃色に先が黄緑色のぱっつんに内側に跳ねている髪をサクランボの髪ゴムで二つくくり。まん丸としたみかん色の瞳。丸みがあり、小学生寄りの顔つき。頭にコック帽をつけ、青のラインがある白のセーラーに黄色のリボンの上に黒のエプロン。スカートは膝上。黒のハイソックスと白の長靴。背中にはいつもお菓子や飲み物が入っている猫のリュック。手には調理器具が入ったアタッシュケース。ポケットには色々入っている。
【能力】 食力全開!《自分が飲食したものを別のものに変える能力。例えばひじきを食べたとしたら鉄分を抽出して、胃の中で組み立てた後、お腹の中から鉄パイプを出す。様々かつ沢山食べると作れる幅が広がって行く。現在はランクCなので片手サイズのものしか作れないが、ランクが上がると複雑かつ大きなものを生み出せるようになる。デメリットは1つ生み出したら2ロル間のクールタイムと最低3つの飲食物を含まないと次のモノが作れない》
【所持品】 アタッシュケースに入った調理器具(包丁やガスバーナーなど)、買い貯めしている食べ物と飲み物など
【委員会】 給食委員会
【部活】 料理研究会
【備考】 給食委員会に所属していて、料理研究会の中3の女の子。食に関しての知識は豊富で、食材や調理法も詳しい。下手すると自分で食料を取りにいく場合もある。食にしか興味ないからか、勉強に関してはからっきし。赤点ギリギリでテスト期間中は泣き入っている。家庭科室を料理研究会の部室にしており、時々ゲテモノ料理を作って異臭騒ぎを起こしているようだ……。いつかは世界一の料理人になりたいなーと決めていて。
【SV】 「お残ししちゃあかんやろー!食べれへんのなら、最初から入れちゃダメや!ウチが食べるけんなー!後から欲しがってもあげんけんね」 「ふふふ、今回の研究委員会はクサヤを持ってきたで!クサイことで有名やけど、まぁ、大丈夫やろ。……あぁぁぁ!!!窓開けるん忘れとるがなー!!!緊急事態!緊急事態発生やー!風紀委員会とか怒り出すでー!」 「今流行りのたい焼きパフェらしいけどなー。中々すごいな。口の中にいっぱい詰め入れて、たい焼きさんつらない?ウチが早よー食べたるけんな」 「はぁー、ウチのオムライスほんま可愛いわ。流石オムライスやわ。黄色と赤とか元気ちゃんのかわい子ちゃんやろー。ブロッコリーを飾り付けてあげるけんなー」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます