ミナコイなりきり部屋の希宙学園の総合Wikiです。

【名前】邑汰 瑚羽紅(むらた こはく)
【性別】♂
【学年】高1
【ランク】B
【性格】静か。悠沙紅とは真逆の性格。読書が好きで、いつも本を読んでいる。戦闘時も本を離さず、読書しながら戦うのが彼流の戦い方
【容姿】182僉6簇韻棒屮瓮奪轡紊入っている。黒メガネをかけている。銀の十字架のネックレスを付けている。目は両目とも綺麗な緑色、黒のTシャツにジーパン。黒のスニーカーというラフな格好
【能力】炎を操る。無から炎を作り出し、周りのもの全てを焼き尽くす大きな炎からタバコに火をつける程度の火まで様々出せる。
【所持品】ナイフ10本、爆弾、拳銃3丁
【委員会】なし
【部活】バスケ部
【備考】一卵性の双子の兄がいる。産まれてすぐ兄と共に捨てられ、施設で育った。小学4年で兄につれられ施設を出て、それからは殺し屋、暗殺者として生きてきた。今も現役の殺し屋、暗殺者。基本的に兄と一緒に行動しており、戦闘時も兄と一緒に戦う。兄が凍らせ過ぎたら、能力で溶かすなどしてる
【SV】「邑汰瑚羽紅。よろしく」「コイツは兄。よろしく」「戦いたくない。本読みたい」「…さようなら」
【二人共通の備考】二人の容姿はそっくり。瑚羽紅がメガネを外せば、見た目は同一人物。二人とも成績は一桁から10位代の間。運動神経は抜群。殺す能力に長けており、二人とも敵を視界に入れずに戦う事もできる

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます